旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

知らなかった?「未来の日本に伝えたい名曲100選」を調査した結果!

ニュース

知らなかった?「未来の日本に伝えたい名曲100選」を調査した結果!
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

未来に伝えたい名曲の出演者と曲目は?

100/「いつでも夢を」(昭和37年)
橋幸夫・吉永小百合

99/「高校三年生」(昭和38年)
舟木一夫

98/「この広い野原いっぱい」(昭和42年)
森山良子

97/「知床旅情」(昭和45年)
加藤登紀子

96/「喝采」(昭和47年)
ちあきなおみ

95/「夜霧よ今夜も有難う」(昭和42年)
石原裕次郎

94/「人生いろいろ」(昭和62年)
島倉千代子

93/「テネシー・ワルツ」(昭和27年)
江利チエミ

92/「リンゴ追分」(昭和27年)
美空ひばり

91/「夢芝居」(昭和57年)
梅沢富美男 ※スタジオ歌唱

90/「ここに幸あり」(昭和31年)
大津美子 ※スタジオ歌唱

89/「上を向いて歩こう」(昭和36年)
坂本九

88/「岬めぐり」(昭和49年)
山本コウタローとウィークエンド

87/「青い山脈」(昭和24年)
藤山一郎

86/「ブルー・シャトウ」(昭和42年)
ジャッキー吉川とブルー・コメッツ

85/「君といつまでも」(昭和40年)
加山雄三

84/「秋桜」(昭和52年)
山口百恵

83/「戦争を知らない子供たち」(昭和46年)
ジローズ

82/「こんにちわ赤ちゃん」(昭和38年)
梓みちよ

81/「有楽町で逢いましょう」(昭和32年)
フランク永井

80/「銀座の恋の物語」(昭和36年)
石原裕次郎・牧村旬子

79/「五番街のマリー」(昭和48年)
ペドロ&カプリシャス

78/「愛の讃歌」(昭和44年)
越路吹雪

77/「白いブランコ」(昭和44年)
ビリー・バンバン ※スタジオ歌唱

76/「学生時代」(昭和39年)
ペギー葉山 ※4年前のスタジオトーク&歌唱で追悼

75/「母に捧げるバラード」(昭和48年)
海援隊 ※スタジオ歌唱

74/「時代」(昭和50年)
中島みゆき

73/「舟唄」(昭和54年)
八代亜紀

72/「アカシアの雨がやむとき」(昭和35年)
西田佐知子

71/「津軽海峡・冬景色」(昭和52年)
石川さゆり

70/「もしもピアノが弾けたなら」(昭和56年)
西田敏行

69/「四季の歌」(昭和51年)
芹洋子 ※スタジオ歌唱

68/「愛燦燦」(昭和61年)
※美空ひばりさんの名曲を作詞作曲担当の小椋佳さんがスタジオ歌唱

67/「恋の季節」(昭和43年)
今陽子 ※スタジオ歌唱

66/「越冬つばめ」(昭和58年)
森昌子 ※スタジオ歌唱

65/「遠くへ行きたい」(昭和37年)
ジェリー藤尾 ※スタジオ歌唱

64/「恋人よ」(昭和55年)
五輪真弓 ※スタジオ歌唱

63/「時の流れに身をまかせ」(昭和61年)
テレサ・テン

62/「川の流れのように」(平成元年)
美空ひばり

61/「北国の春」(昭和52年)
千昌夫

60/「恋のバカンス」(昭和38年)
ザ・ピーナッツ

59/「心の旅」(昭和48年)
チューリップ

58/「瀬戸の花嫁」(昭和47年)
小柳ルミ子

57/「翼をください」(昭和46年)
赤い鳥

56/「ブルー・ライト・ヨコハマ」(昭和43年)
いしだあゆみ

55/「バラが咲いた」(昭和41年)
マイク眞木

54/「異邦人」(昭和54年)
久保田早紀

53/「なごり雪」(昭和50年)
イルカ

52/「時の過ぎゆくままに」(昭和50年)
沢田研二

51/「青春時代」(昭和51年)
森田公一とトップギャラン

50/「精霊流し」(昭和49年)
グレープ

49/「赤いスイートピー」(昭和57年)
松田聖子

48/「神田川」(昭和48年)
かぐや姫

47/「いい日旅立ち」(昭和53年)
山口百恵

46/「ルビーの指輪」(昭和56年)
寺尾聰

45/「地上の星」(平成12年)
中島みゆき

44/「酒と泪と男と女」(昭和51年)
河島英五

43/「木綿のハンカチーフ」(昭和50年)
太田裕美

42/「シクラメンのかほり」(昭和50年)
布施明

41/「魅せられて」(昭和54年)
ジュディ・オング

40/「また逢う日まで」(昭和46年)
尾崎紀世彦

39/「あの日にかえりたい」(昭和50年)
荒井由実

38/「季節の中で」(昭和53年)
松山千春

37/「昴‐すばる‐」(昭和55年)
谷村新司 ※スタジオ歌唱

36/「聖母(マドンナ)たちのララバイ」(昭和57年)
岩崎宏美 ※スタジオ歌唱

35/「かもめが翔んだ日」(昭和53年)
渡辺真知子 ※スタジオ歌唱

34/「三百六十五歩のマーチ」(昭和43年)
水前寺清子 ※スタジオ歌唱

33/「てんとう虫のサンバ」(昭和48年)
チェリッシュ ※スタジオ歌唱

32/「春一番」(昭和51年)
キャンディーズ

31/「見上げてごらん夜の星を」(昭和38年)
坂本九

30/「グッド・バイ・マイ・ラブ」(昭和49年)
アン・ルイス

29/「オリビアを聴きながら」(昭和53年)
杏里

28/「さよなら」(昭和54年)
オフコース

27/「ラヴ・イズ・オーヴァー」(昭和54年)
欧陽菲菲

26/「青葉城恋唄」(昭和53年)
さとう宗幸

25/「北の宿から」(昭和50年)
都はるみ

24/「ワインレッドの心」(昭和58年)
安全地帯

23/「ジョニィへの伝言」(昭和48年)
ペドロ&カプリシャス

22/「天城越え」(昭和61年)
石川さゆり

21/「I LOVE YOU」(昭和58年)
尾崎豊

20/「どんなときも。」(平成3年)
槇原敬之

19/「いとしのエリー」(昭和54年)
サザンオールスターズ

18/「つぐない」(昭和59年)
テレサ・テン

17/「ふれあい」(昭和49年)
中村雅俊

16/「少年時代」(平成2年)
井上陽水

15/「島唄」(平成5年)
THE BOOM

14/「ガンダーラ」(昭和53年)
ゴダイゴ

13/「負けないで」(平成5年)
ZARD

12/「愛は勝つ」(平成2年)
KAN

11/「関白宣言」(昭和54年)
さだまさし

10/「ハナミズキ」(平成16年)
一青窈

9/「贈る言葉」(昭和54年)
海援隊

8/「糸」(平成10年」
中島みゆき

7/「世界に一つだけの花」(平成15年)
SMAP

6/「夜明けのスキャット」(昭和44年)
由紀さおり ※スタジオ歌唱

5/「千の風になって」(平成18年)
秋川雅史 ※スタジオ歌唱

4/「いちご白書をもう一度」(昭和50年)
ばんばひろふみ ※スタジオ歌唱

3/「飛んでイスタンブール」(昭和53年)
庄野真代 ※スタジオ歌唱

2/「涙そうそう」(平成13年)
夏川りみ ※スタジオ歌唱

1/「女の道」(昭和47年)
宮史郎とぴんからトリオ
※最後の1曲は、安住紳一郎さんのリクエスト。平成23年に宮史郎さんが出演した際の映像

出典 http://yorozu-do.com

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
1
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!